いにしえの森を獅子が跳ねる 「浦山の獅子舞」

いにしえの森を獅子が跳ねる 「浦山の獅子舞」

浦山の獅子舞

 
 平成22年10月23、24日、浦山の大日様の縁日が行われました。この日披露される「浦山の獅子舞」は、古くから昌安寺に伝わる獅子舞で県指定無形民俗文化財に指定されており、数ある秩父地方の獅子舞の中でも勇壮な舞であるとして有名です。当日、いつのまにか冷え込むようになった午前のうちから見物人や祈願者、そして多くのカメラマンが大日堂を訪れていました。

浦山の獅子舞8 浦山の獅子舞2

 
 浦山の獅子舞というと、日本刀をくわえて舞う姿がよく紹介されますが、これは「祈願ざさら」といい、大日堂への参拝者の祈願として1日に何度も披露されます。この他には、耕地の希望者の家々を巡って行われる「悪魔祓い」など、他には見られない特色があります。

浦山の獅子舞3 浦山の獅子舞7

 

 またこの日、皆野町三沢上郷、八幡大神社の美澤会が所有する笠鉾がお目見えしました。この笠鉾はもともと大日様の祭礼用のものでしたが、昭和53年に披露されて以来倉庫に眠っており、平成19年に同会へ譲渡して復活を遂げたものだそうです。平成20年に浦山へ「里帰り」して曳きまわされてのち、今年もまた立派な笠鉾が大日様の縁日に併せて披露され、花を添えました。

浦山の大日様8 浦山の獅子舞5