青天高く龍が昇る 「龍勢祭」

青天高く龍が昇る 「龍勢祭」

青天高く龍が昇る「龍勢祭」

  
  平成22年10月10日、秩父市下吉田に鎮座する椋神社の例大祭の付け祭り「龍勢祭」が行われました。前日までの雨が心配されていましたが、当日は突き抜けるような青空のもと、実に約75,300人が訪れ、盛大に開催することができました。
  今回は、好条件に恵まれたのか例年に比べて龍勢の打ち上げ成功率が高かったようでした。多くの龍勢が文字通り龍のごとき勢いで秋空を昇っていくと、そのたびに桟敷席からは大きな歓声が上がり、その瞬間こそが、祭りの最高潮となります。

龍勢祭1 龍勢祭4 龍勢祭2
龍勢祭11 龍勢祭6 龍勢祭8

 龍勢が打ち上がる際には、椋神社近くに据え置かれた櫓(やぐら)の上で、「東西、トォーザイー、ここに掛け置く龍の次第はぁ~!・・・」と毎回、口上が挙げられます。この、祭りの花形ともいえる役に今回抜擢されたのは、地元吉田中学校の代表の皆さん。実は、学校の授業の中で、龍勢に搭載するパラシュートに吉田小・中学校の児童・生徒たちのメッセージを書き入れていたそうです。龍勢への想いを込めて精一杯の口上を挙げると、桟敷席からも盛んに歓声が巻き起こっていました。将来の龍勢祭を担う若き力に、地域の力強さを深く感じることができました。

龍勢祭10 龍勢祭9
龍勢祭3 龍勢祭5