可憐な花を見ながら蕎麦に舌鼓 「そばの花見とあらかわB級グルメまつり」

可憐な花を見ながら蕎麦に舌鼓 「そばの花見とあらかわB級グルメまつり」

そばの花見とあらかわB級グルメまつり

 
 平成22年9月25日・26日、荒川地区にある「ちちぶ花見の里」で、「そばの花見とあらかわB級グルメまつり」が開催されました。今回は、2日間の延べ来場数が5,000人、そしてそばの売り上げ食数が2,500食と、今年春の開催に続いて大盛況となったようです。当日、抜けるような秋空のもと、白く可憐に咲き誇ったそばの花畑の傍らで、地元ならではの各種イベントが開催され、賑わいを見せていました。

そばの花見とあらかわB級グルメまつり2 そばの花見とあらかわB級グルメまつり3

 
 出店では、農産物の直売や商工物産展、みそポテトを代表とする小昼飯(こぢゅうはん)料理などの販売が行われ、何を食べようかと楽しそうに出店を覗き込む親子連れも多く見られました。その他、秩父の祭り・イベントには欠かすことのできない秩父屋台囃子の演奏なども行われ、青空、武甲山、広大なそば畑をバックにし、勇壮な太鼓の音が会場に響き渡っていました。

そばの花見とあらかわB級グルメまつり4 そばの花見とあらかわB級グルメまつり1

 
 会場の「ちちぶ花見の里」は、通常団体専用(15名様以上)の施設ですが、まつり期間中は一般の個人客の方もそばを500円で食べられるということもあり、そばの出店は大繁盛!
 やっと訪れた秋のひとときを、多くの方がまさに“五感で”楽しむことができる、素晴らしいイベントとなりました。