椿森の春大祭で歌舞伎芝居

椿森の春大祭で歌舞伎芝居

椿森の春大祭で歌舞伎を上演
 

 平成22年4月29日、秩父市上影森の椿森にある諏訪神社境内で、春大祭が行われました。大祭に伴い、境内にある舞台では恒例の秩父歌舞伎正和会による歌舞伎も上演されました。

椿森の春大祭1 椿森の春大祭6

 
 歌舞伎の上演前、舞台では日本舞踊や子どもたちによる秩父屋台囃子の演奏も行われるなど、祭りの雰囲気を盛り上げていました。
 境内にある舞台は、市指定有形民俗文化財に指定されており、間口約11m、奥行7m、木造の舞台で、江戸末期から明治初年に建造されたと言われています。二重、下座、セリ上げ装置などを据え付けた本格的なこの舞台は、かつて隆盛を極めた農村歌舞伎の歴史を偲ばせる貴重な建造物です。

椿森の春大祭7 椿森の春大祭3

 当日の演目は、「義経千本桜伏見稲荷鳥居前之場」で、演者の迫力ある熱演に観客も惜しみない拍手を送っていました。のどかな木漏れ日の中で本格的な歌舞伎を観覧できるのは、ここでしか味わえない椿森歌舞伎の醍醐味といえます。

椿森の春大祭5 椿森の春大祭2