市内各所で節分行事が行われました

市内各所で節分行事が行われました

 

  平成22年2月3日、市内各所で節分行事が行われました。数日前の降雪で山もすっかり雪化粧をまとい、まるで真冬に逆戻りとなり、寒さに震える中での節分となりましたが、老若男女、多くの人が立春前の伝統的な催しを楽しんでいました。
 

節分祭「ごもっとも神事」が行われた三峯神社の様子

 

 秩父市大滝の三峯神社は、一風変わった「ごもっとも様」という節分行事で有名です。本殿前で多くのギャラリーが見守る中、裃姿の年男が「福は内」と豆を蒔くと、添人が大声で「ごもっともさま」と叫び、ヒノキで作られた長さ約1メートルのすりこぎ棒状の「ごもっとも様」を前上方に突き出すと、すっかり雪に覆われて荘厳な雰囲気の境内に、賑やかな声が響きます。他では見られない魅力的な大滝の冬の行事です。

ごもっとも神事 ごもっとも神事4
三峯神社2 ごもっとも神事1
三峯神社3 三峯神社6


秩父神社の「節分追儺(ついな)祭」 昼間の「鬼やらい」の様子

 

 秩父神社では、「節分追儺(ついな)祭」が行われました。午前中から数回に分けて行われた「鬼やらい」では、赤鬼、青鬼が境内の石畳に登場し、観客の中の子どもをおどかしてはギャラリーの笑いを誘っていました。その後、平成殿に上がった年男・年女によって小袋に入った豆がまかれ、神楽殿では大黒様の福神舞が行われました。境内では甘酒が振舞われ、福引きがおこなわれるなど、終始和やかな雰囲気の中、多くの人で賑わいました。
 夜には、伝統的な「節分追儺祭」が執り行われます。奉幣の儀、撒豆の儀、引目の儀と、古くから伝わる作法によって順次行われ、最後に福神舞が行われます。今年は総勢200人ほどの年男・年女が参加し、厄をおとし、福にあやかろうと昼夜ともに多くの観客で賑わいました。

秩父神社節分追儺祭1 秩父神社節分追儺祭
秩父神社節分追儺祭4 秩父神社節分追儺祭6
秩父神社節分追儺祭5 秩父神社節分追儺祭3

 秩父神社の鬼は氏子さんや神楽師(かぐらし)の方々が担っているのですが、当日は、依頼のあった保育園や幼稚園などにも出張して訪れます。子どもたちは各々豆を持って鬼を待ち構えますが、いざ鬼が登場すると、泣き出してしまう子や鬼に果敢に立ち向かう子など大騒ぎ。みんな大人になったときにはいい思い出になるでしょう。鬼さんもお疲れさまでした。

保育園の子どもたち1 保育園の子どもたち2